豪栄会空手道場 師範紹介

師範 浅野隼英

師範 / 浅野 隼英
生年月日 / 1981年11月25日

[ 大会戦績 ]
・極真空手
全日本学生選手権大会
 準優勝 , 3位
・極真空手
東京都学生選手権大会
 3年連続 優勝

選手時代には極真会館(松井派)に所属、"チャンピオン製造工場"といわれた城南支部にて、名伯楽廣重毅氏の直接指導のもと厳しい修行を重ねる。
全日本選手権大会準優勝、東京都選手権大会3年連続優勝を果たし、次世代を担うホープとして期待される。しかし、選手権大会のみを目標とした自らの空手に疑問を感じ、理想の空手を追求すべく極真会館を退館。その後、ルールの無い実戦護身術としての空手の研究、稽古を重ねる。そして「人生に生きる武道としての空手」として2006年に豪栄空手を設立。

When asano was an athlete, he belonged to the Jonan banch of Kyokushin kaikan, also known as ‘Champion Factory’. Asano went through hard training by the master Tsuyoshi Hiroshige. Becoming semi champion of the All-Japan Student Tournament and champion of Tokyo Student Tournament three years consecutively. Asano was expected to carry the hopes for the next generation. However, he began questioning if it’s the only goal in winning tournaments. He officially resigned Kyokushinkaikan to seek the ideal Karate.
Continued training and seeking karate with no rule and skills of practical self-defence, he founded Goei Karate dojo in 2006 focuses on ‘Budo Karate in life’.

Λ上に戻る